地球を意味付けるお仕事、土地家屋に関する調査・登記のことなら。

土地測量の流れ


01.ご依頼 02.調査 03.お見積り 04.測量業務の開始 05.官民境界確認の申請 06.立会 07.境界標の埋設 08.境界確認書の取り交わし 09.登記申請 10.納品

土地に関する各登記


法務局等資料調査

企業や個人の皆様が直面する不動産取得・売却、あるいは、権利調整の為の登記申請などの諸手続きや多様な法的問題をトータルにサポートいたします。

法務の中でも特に「不動産」関連法務のエキスパートが、登記情報等を法務局や市役所、官公署に赴き調査し、「図面」「証明書」「要約書」などを確認いたします。不動産に特化しておりますので、より確実・的確な調査、ならびに報告書を迅速にご提出いたします。



土地表題登記

新たに土地が生じたときや、国有地の払下をうけた後など、表題登記がない土地を取得したときに土地表題登記の申請が必要です。

当社では、綿密な調査をもとに、適切な登記申請の代行を行っております。

すでに所有している土地に国有地が入り込んでいる場合などは、融資を断られたり、売却できなかったりなど、資産として大きな瑕疵を抱えている状態となってしまい将来支障があることは明白ですので、早めに対処されることをおすすめします。

管理者によっては払下を禁止している場合もあり、里道、水路等として機能を有している場合や、自己所有の土地と隣接していない場合の払下はできません。



土地境界確定測量

土地を売却したり取引を行うとき、隣接土地との境界確定測量を済ませておくことを求められる場合があります。

はじめに法務局や市役所、その他の客観的な資料調査や、現地踏査に基づいて、隣接する土地所有者や、道路・水路を所有・管理する市役所等の官公署とのあいだで土地境界の確認をするために現況測量や、官民境界査定を行います。

隣接土地所有者等の利害関係者との立会のうえ現地に境界杭を設置・埋設し、今後のために「境界協定図面」を作成し、関係者とのあいだで押印・書面の取交しを行います。自分だけでなく誰にでも境界がわかるようになり、現地でここが土地の境界であると明瞭に表示することができます。



土地地積更生登記

登記簿に記載されている面積(=地積)と、境界確定測量を行った結果算出された土地面積が異なる場合、錯誤を登記原因としてこれを正しい面積に改めるために、土地地積更正登記の申請を行います。

地積は隣接する土地所有者や、道路や水路を所有・管理する市役所等の官公署とのあいだで、土地境界の確認を行うための立会をして、境界確定測量を行った結果算出された面積です。

土地地積更正登記を申請することにより、境界確定測量を行った結果算出された土地面積を記載した図面が地積測量図として法務局に備え付けられ、登記簿に記載されている面積(=地積)が改められます。



土地分筆登記

1筆の土地の一部を売却、あるいは一部に抵当権などの権利の設定をする場合、または相続人のあいだで土地を分割したり、土地の一部の地目を変更したいときは、1筆の土地を2筆以上の土地に分割する土地分筆登記を申請します。

分割後の土地は別々に売買や、抵当権などの権利の設定、相続などの処分が可能になります。

なお、土地分筆登記を申請するためには、事前に境界確定測量をしておく必要があります。



土地合筆登記

数筆の土地を合併して1筆の土地とする登記を土地合筆登記といいます。数筆の土地を一体利用している場合や、複数の登記簿に分かれている必要がない場合、一定の条件を満たしていれば土地合筆登記を申請することができます。

数筆の土地の地積更正を登記申請する際、事前に合筆しておくと一括して処理できます。



土地地目変更登記

土地の現況又は利用目的が自然的又は人為的に変更した結果、現況の地目が登記簿の地目と異なった場合、土地地目変更登記が必要になります。